www.visitportugal.com

Live Chat

ラゴス (Lagos)

Praia
場所:Lagos
写真:Turismo do Algarve
Photo:Turismo do Algarve

ラゴス (Lagos) では、あらゆるものがあなたをビーチとシンプルな生きる喜びに誘っているように見えます。しかし、船乗りや海賊の物語もあるのです。それは、今でも市場に魚を運ぶカラフルなトロール船のなかで保たれている海と、世界中からやって来るヨットが係留するマリーナとの関係の中で生まれたものです。

この海との結びつきは、15世紀と16世紀に最も強くなりました。ラゴスでエンリケ航海王子 (Infante D. Henrique) がアフリカ沿岸へ出発する小型帆船を用意させ、ポルトガルの大航海時代が始まったからです。また、ボジャドール岬 (Bojador) が世界の果てではなく、海は怪物たちの巣窟ではないことを証明した航海士、ジル・エアネス (Gil Eanes) が出港したのもここからでした。エアネスの名が付けられた広場では、ジョアン・クティレイロ (João Cutileiro) 製作の物議を醸した彫像が、ラゴスをアルガルヴェの首都と定め、1755年までその体制を続けたセバスティアン国王 (Rei D. Sebastião) を彷彿とさせています。この国王がアルカセル・キビールの戦いに向けて出発したのもここからでしたが、その後二度と戻ることはありませんでした。つまり、ポルトガルはスペインからの独立国家としての主権を失ったのです。ポルトガルが再び独立するのは1640年になってからでした。しかし、人々はある霧の深い朝、国王が戻ってくるのを待ち続けました。これは救世主を待つというポルトガル人の精神の中に埋め込まれた希望であり、「セバスティアスム」と呼ばれるようになりました。

建国初期の建築物の敷地に建てられていますが、総督の城 (Castelo do Governador) などの主なモニュメントの一部はこの時代のものです。あるいは、城壁、そして侵略者、特に海賊たちから町を護ったバンデイラ岬要塞 (Forte da Ponta da Bandeira) などもそうですが、現在は民家と海を見渡す美しい景色を楽しめる場所となっています。エンリケ航海王子広場のアーケードの下で、ヨーロッパではじめての奴隷市場が開かれたのもラゴスでした。現在この場所は工芸品の見本市や販売のための文化センターに姿を変えています。

見どころはこれだけではありません。




詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
ユーザーからのフィードバック
sonia.cfa
Há quem apelide como piscina natural, há quem lhe chame de praia fluvial. (...)
lisbononthego
Sintra é uma cidade e município da costa de Lisboa. Neste passeio vamos (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *あなたのパスワードの再発行の方法は、あなたのメールアドレスに正常に送信されました。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン