www.visitportugal.com

Live Chat

火山島、ピコ島

O cume do Pico visto do seu sopé
場所:Ilha Do Pico nos Açores
写真:Maurício de Abreu
Photo:Maurício de Abreu

448km2の面積を持つピコ島 (Pico) はアソーレス諸島で2番目に大きな島です。海抜2,351mの「ピコ」と呼ばれるポルトガルで最高峰の山がそびえる島でもあります。火山島として紹介されることも多いピコ島は、いわゆる「三角海域の島々」の3点の1つであり、この群島の中央群の最南端になっており、ファイアルからわずか6kmの距離です。

ピコ島の暑く、乾燥した気候とミネラルが豊富な溶岩土壌と、黒い石の見事なモザイク模様をなすこの土地の構成 – 「クライス」(currais) (区画) - は、ブドウ、主にヴェルデーリョ (Verdelho) の品種の栽培で大きく成功することを決定付けました。次第に、この島のワインとブランデーは島の内外で高く評価されるようになり、ヴェルデーリョは国際的にその名を知られるようになりました。長くヨーロッパとアメリカに輸出されてきましたが、当時はロシア皇帝の食卓でも目玉となるほどでした。

現地の人々が「ラジド」(lajidos) すなわち「クッキー・アイランド」と呼ぶこの島の風景に点在する広大な溶岩原は、ピコ島のブドウ園文化の風景を構成しており、2004年にユネスコにより世界遺産に登録されました。ラジド・ダ・クリアソン・ヴェーリャとラジド・デ・サンタ・ルジアはその代表例です。

黒い溶岩の台地には、「リヘイラス」(rilheiras) と呼ばれるブドウと樽を運ぶ牛車の車輪が残したわだちがあり、一見の価値があります。また、海岸沿いの港や入り江には、「ローラ-ピパス」(rola-pipas) と呼ばれる浸食された斜面があるため、ワインの樽を転がして簡単に船に乗せることができました。今でも、ワイン産業の証として残されています。

大西洋で3番目に大きな火山であるピコ山の巨大な火山丘は、この島の風景にどっしりとその存在を誇示しています。その主な火口内には、ピキーニョ (Piquinho) という溶岩の火山丘があり、その上にある噴気孔が常に蒸気を放出して、ここが火山であることを思い出させてくれます。この火山への登山口がある海抜約1250メートルの地点から、この島のほとんどを見渡すことができます。また、近くにあるファイアル (Faial)、サン・ジョルジェ (São Jorge) も見ることができます。頂上への登山は骨が折れますが、素晴しい、ここだけの景色を見渡せばその疲れも吹き飛びます。天気の良い日は、グラシオーザ (Graciosa) とテルセイラ (Terceira) の島々を一望できるというオマケまで付きます。

世界で観光できる最大の溶岩洞の1つがピコ島にあります。グルータ・ダス・トーレス (Gruta das Torres) 内に広がるこの溶岩洞は、5kmの長さがあり、さまざまな種類の溶岩鍾乳石と石筍、そしてうねった壁で飾られています。


詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
ユーザーからのフィードバック
sonia.cfa
Há quem apelide como piscina natural, há quem lhe chame de praia fluvial. (...)
lisbononthego
Sintra é uma cidade e município da costa de Lisboa. Neste passeio vamos (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *あなたのパスワードの再発行の方法は、あなたのメールアドレスに正常に送信されました。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン