www.visitportugal.com

Live Chat

世界遺産 (ユネスコ) のピコ島のブドウ園文化の風景

Vinha da Ilha do Pico
場所:Ilha Do Pico nos Açores
写真:António Sá
Photo:António Sá

絶対のお勧め
  • 代表的な赤いドームの風車の横で写真を撮る。

玄武岩の上に育つワインを試飲してみませんか?そのような条件でかくも美味しい果汁が生まれるとは奇妙に思えますが、遠い昔、このワインが直接ロシア皇帝の食卓へ運ばれたことは紛れもない事実です。

ピコ (Pico) 島でのワイン栽培は、この島に最初に人が移住してきた15世紀後半に始まりました。栄養素が豊富な火山性土、荒々しく黒い石の壁により風から守られ、太陽により温められた、乾燥した暖かい微気候の坂のおかげで、ヴェルデーリョ (Verdelho) のさまざまなブドウの木は、この地で素晴しい熟成条件に恵まれています。そのワインは後年、ヨーロッパとアメリカの多くの国に輸出されるようになりました。そして、ロシア皇室のテーブルにも届けられるようになりました。この島の風景に点在するブドウ園では、クリスピーでフルーティ、ドライでマイルドなワインを生産します。それは、シーフードや魚の料理のお供に最適です。また、祭日のテーブルでは非常に人気のあるヴィーニョ・デ・シエイロ (vinho de cheiro) (部分発酵ワイン) も生産します。 

ピコ島ブドウ園文化の景色を形作っているこれらの土地は、火山性の土地と先祖代々の栽培法を組み合わせており、2004年ユネスコにより世界遺産に登録されました。ラジド・ダ・クリアソン・ヴェーリャ (Lajido da Criação Velha) とラジド・デ・サンタ・ルジア (Lajido de Santa Luzia) は、このタイトルで示される土地を二分する技術の最たる例です。溶岩の岩盤の中に植えられたブドウの苗木は、「クライス」 (currais) と呼ばれる区画にある乾燥した石の壁の中にしっかり閉じ込められます。この石の壁が潮風から苗を守りつつ、熟成に必要な日光を取り込むのに役立っています。

ここには、この自然環境の一部である非常に多くの動植物があります。また、マカロネシア地域の特性であるこの土地特有の月桂樹林が豊富に存在しています。


詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
ユーザーからのフィードバック
sonia.cfa
Há quem apelide como piscina natural, há quem lhe chame de praia fluvial. (...)
lisbononthego
Sintra é uma cidade e município da costa de Lisboa. Neste passeio vamos (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *あなたのパスワードの再発行の方法は、あなたのメールアドレスに正常に送信されました。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン