www.visitportugal.com

Live Chat

タイルの国で

Painel de Ajulejos
場所:Palácio Olhão
写真:António Sacchetti
Photo:António Sacchetti

ポルトガルのどこにいても、見逃せないものがあります!タイルはあらゆる時代の様式や言語を旅してどんな歩道も埋め尽くし、あるいは色で飾り立てます。

Al-zuleiqueはポルトガル語のazulejo (タイル) の語源となったアラブ語で、中世時代のムスリム人により「小さく、滑らかな石」という意味で使われていました。床や壁を装飾するためにタイルを使う彼等の手法は、ポルトガルの国王に気に入られ、その結果、15世紀以降の建築において最高のステータスを勝ち取りました。ポルトガルは、他のどのヨーロッパの国とはことなる、比類なき方法でそれらを採用したといえるでしょう。

タイルが教会や修道院、宮殿や民家、庭園、噴水、階段を「侵略」したのは18世紀になってからです。幾何学模様で、聖人の伝記を物語り、「ラ・フォンテーヌの寓話」などの世俗的なテーマを描写し、古い時代の漫画のようなキャプションが付くものもあり、ポルトガルの装飾の主たる特徴の1つとなりました。

ポルトガルを旅行するのは、タイルの生きた博物館を見学するようなものです。しかし、リスボン (Lisboa) の国立タイル博物館 (Museu Nacional do Azulejo) では、他のどの場所にもない、初期の時代から現代の製作まで、その歴史や芸術的かつ技術的発展を知ることができます。


詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
ユーザーからのフィードバック
sonia.cfa
Há quem apelide como piscina natural, há quem lhe chame de praia fluvial. (...)
lisbononthego
Sintra é uma cidade e município da costa de Lisboa. Neste passeio vamos (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *あなたのパスワードの再発行の方法は、あなたのメールアドレスに正常に送信されました。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン