www.visitportugal.com

Live Chat

A lenda da moura Salúquia

A lenda da moura Salúquia

その他

ムーアの娘サルキアの伝説は、初代ポルトガル王アフォンソ・エンリケスをはじめとするイベリア半島のキリスト教徒の王たちが、モウラ(Moura)一帯を支配するムーア人から何とかこの地域を自分たちの手に取り戻そうと力を尽くしていた頃にさかのぼります。

イスラム教徒を治めるアブー・ハッサンの娘であったサルキアは、城の若い指揮官と婚約していました。そして塔の上に立って、ポルトガル人との戦いに出征した婚約者の到着を待っていました。しかし、この街に進行し占領する準備をしていたキリスト教徒の軍勢は、この若いムーア人指揮官を待ち伏せし、その同伴者たちもろとも殺害してしまいました。そしてキリスト教徒たちは敵の衣服に着替えると、城内の者たちの目をくらませて扉を開けさせ、城に入ることに成功したのです。

騙されたことに気付いた美しいサルキアは、とらえられてキリスト教徒の奴隷となるより自ら命を絶つことを選び、塔から身を投げました。この伝説は、この街の名であるモウラ(「ムーアの娘」という意味)の由来と言われています。


詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close