www.visitportugal.com

Live Chat

Citânia de Briteiros

Citânia de Briteiros
Citânia de Briteiros

考古学

シタニア・デ・ブリテイロス
紀元前2000年以降、イベリア半島の北西部に人間が社会を作って定住するようになって部族を形成し、「カストロ(castros)」と名付けられた高い場所に住むようになりました。さまざまな場所で移住者の建物が似ていることから、紀元前2世紀に頂点に達する「カストロ文化」は、ポルトガルのミーニョ(Minho)からガリシア(Galiza)およびスペインのアストゥリアス(Astúrias)までを含むこの地域で発展したということができます。シタニア・デ・ブリテイロス(Citânia de Briteiros)は、この文化の最も重要な例の1つです。

これらのシタニア(citânia)は丘の頂上にあったため、居住者は侵略者から守りやすく、よそ者の動きを監視することができました。これによって、ローマの支配にもかかわらず、西暦5世紀にイベリア半島がヨーロッパ北部の人々に侵略されたときに居住者の一部だけが姿を消した理由がわかります。

サン・ロマン(São Romão)の丘の上にあるギマラインス(Guimarães)から数キロの位置にあり、アヴェ川(Rio Ave)の絶景を見渡すシタニア・デ・ブリテイロスでは、訪問者はその風景の美しさと原史時代の祖先が残した遺跡に驚かされます。壁に守られた路地網のかたちで「都市」が最初に形成されたという明確な形跡があり、その中には円形または長方形の住居が建っており、牛小屋を含む小さな「ブロック」として配置されているものもあります。シタニアの最も重要な遺跡の1つは1930年に発見され、このとき丘に通じる道が開かれました。それは火葬用の焼却炉であり、前面は5角形の石柱から構成されていて、その表面には曲がった腕のかぎ十字が2つ彫られています。また、死体を出し入れさせる半円形の口が開いています。

この場所の最初の科学的調査は、フランシスコ・マルティンス・サルメント(Francisco Martins Sarmento)博士が行い、彼は1875年にいくつかの重要な遺物を集め始め、これらはギマラインスのソシエダーデ・マルティンス・サルメント博物館(Museu Sociedade Martins Sarmento)に収められています。
問い合わせ先

住所:
Monte de São Romão   4800 Guimarães


計算
É necessário seleccionar um ponto de partida.

詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
記録と共有
Museu de A
Lago de origem tectónica que se insta (...)
Anke Rusch
the best way to combine the fisherman (...)
イベント イベント
さらに見る
グアルテリアナス祭
グアルテリアナス祭
8月の最初の週末にギマラインスを訪れれば (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン