www.visitportugal.com

Casa-Museu Abel Salazar

Casa-Museu Abel Salazar

美術館と宮殿

アベル・サラザール美術館(Casa-Museu Abel Salazar)
高名な医師にしてポルト大学(Universidade do Porto)の組織学教授であったアベル・サラザール(1889-1946)が住んでいた家、サン・マメーデ・デ・インフェスタ(São Mamede de Infesta)は、ルイ・ルイス・ゴメス教授と友人らからの強い要望により、1950年に美術館へと生まれ変わりました。この美術館設立は、アベル・サラザールが時代の問題に立ち向かうために、知性や社会的な面で大きく貢献してきたことをたたえたものです。

館内には当時の内装が残されており、一連の油彩画、彫刻、版画が展示されていると同時に、アベル・サラザール自身の芸術に対する興味や才能を表す個人的な品々も見ることができます。

中でも注目したいのは、エンリケ・ポウザンの作品にならった習作、ソアレス・ドス・レイスやコルンバーノなどのポルトガル人アーティストへのオマージュとしてつくられた作品、彼の芸術哲学を反映した作品です。
問い合わせ先

住所:
Rua Dr. Abel Salazar,   4465-012 São Mamede de Infesta
电话:
+351 22 903 98 26
ファックス:
+351 22 903 98 28
Eメール:
ウェブサイト:

ガイドツアー
ショップ
各種催し物の詳細については、イベントカレンダー(文化欄)をご参照ください。

計算
É necessário seleccionar um ponto de partida.

詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 使用条件および個人データの処理に関する規定

close