www.visitportugal.com

Live Chat

世界有数の観光地ポルトガル[Portugal]

ポルトガルは7つの地域から成っており、それだけでも訪れ観光する見どころがたくさんあることを示していますが、生涯の内で必ず訪れたいすばらしい旅行先候補である理由が少なくとも10はあります。

ビーチ、サーフィン、音楽祭、ゴルフ、変化に富んだ景色は言うまでもなく、国の歴史と文化、美食とワインは主な魅力ですが、何よりポルトガルの国民が親しみやすく、開放的で誠実だと評価されています。

ポルトガルが世界一の観光地であるとみなすワールドトラベルアワードから先日贈られた賞により最近の傾向が裏付けられました。世界中の多くの案内人、旅行作家、ブロガー、旅行と観光を専門とするマスコミにより認められた形です。誰もがポルトガルに関心がある理由をご存知ですか?ヒントを差し上げましょう。

1. リスボン[Lisboa]とポルト[Porto]の町
数日しか滞在できない場合、主要なヨーロッパの町からたった数時間のフライトで訪問できるリスボンポルトはとても魅力的な町です。両方とも川に恵まれており、それにより持ち味と異なる環境を与えられています。タイル張りのファサードを持つ道と歴史的地区により、現代建築と都市芸術の例と共に日中観光するのにも夜間外出を楽しむのにも居心地の良い場所で、実に多様で創造的な文化的計略も持ち合わせています。リスボンタホ川と海の近接から来る特別な輝きを持つ町です。ポルトはその歴史的中心地が世界遺産に認定されている古代都市で、その流域の傾斜で有名なポートワインが栽培されるドウロ川[Douro]の到着地点です。

2.  太陽、ビーチ、海
西洋の存在そして晴天続きの夏と暖かい冬という気候により、ポルトガルは年中太陽と海とビーチ沿いの散歩を楽しめることで名高い休暇の旅行先とされています。実際、ポルトガルの海岸は850km以上広がり多様な景色を提供するほぼ1つのビーチであり、北部のより荒れた冷たい海から南部の温かく穏やかな海まで選ぶことができます。開放的な地平線を愛する人たちのためには金の砂の広々した空間があり、オレンジ色の岩と崖のある小さな入り江もあります。多種多様なビーチの内300を超えるビーチが最高の状態にありブルーフラッグビーチの栄誉を獲得しています。バリアフリーのビーチは200近くあります。

3. ウォーキングとサイクリングトリップ
ユネスコ[UNESCO]に認められた自然公園保存地域、ジオパークおよび生物圏保存地域により、バードウォッチングのような熟慮を要するもの、カヌーのような激しいもの、いずれのアウトドアアクティビティでも楽しめる場所としてもポルトガルは非常に評価されていることが証明されました。ここ数年、自然遊歩道を徒歩や自転車でたどることは運動と地元文化との触れ合いを融合したい人にはぴったりのアクティビティとなっています。

4. 信仰の道
たどる道はスピリチュアリティとの遭遇でもあります。サンティアゴへのポルトガルの道[Caminho Português de Santiago]とファティマの道[Caminhos de Fátima]は目的を持ち知識、自然、文化に集中してウォーキングするのが好きな人々にますます追求されています。
ポルトガルは聖母マリアの献身の重要な中心地ともみなされています。2017年5月聖母の出現100周年を記念したファティマの聖地は毎年世界中から数千人の訪問者を惹きつけるその最大の擁護地です。.

5. サーフィン
本土でもマデイラ島[Madeira]とアソーレス諸島[Açores]の列島でも同様にポルトガルはサーフィンをするのに最高の環境であるということが容易にわかります。あらゆるタイプのサーファーがポルトガルの海岸には最大数のスポットが最短距離で存在すると考えており、リップカールプロポルトガル[Rip Curl Pro Portugal]のような世界で最も重要な選手権イベントで競います。
ペニシェには完璧な管状の波 [Peniche]、ナザレス[Nazaré]には巨大な波、フィゲイラ・ダ・フォズ[Figueira da Foz]にはヨーロッパ最長の波があります。一方、エリセイラ[Ericeira]はヨーロッパ初の、そして世界で2番目のサーフィン指定地でした。ポルトガルに何度来ても毎回違う波を楽しむことができるのです!
https://portuguesewaves.com


6. 音楽祭
音楽祭はポルトガルを訪れ一味違った休暇を過ごすのに良い理由となり、楽しい手段でリラックスした設定で観光できるチャンスとなるでしょう。リスボンとポルトの町の近く、農村環境、川のそば、またはビーチなどで国際フェスティバルが開催されており、お天気やお好みの音楽によって選択は自由自在です。
2018年にすでに予定されているフェスティバルの一覧はwww.portuguesemusicfestivals.comをご覧ください。


7. ゴルフ
ここ数年、ポルトガルはワールドゴルフアワードでヨーロッパ、そして世界で最高のゴルフの地として賞を獲得してきました。ポルトガルの気候は年間を通じて穏やかであるため、これは不思議なことではありません。さらに、アルガルヴェ[Algarve]とリスボン地域では特にかなり多くのコースが複数の賞を受賞しており、スポーツのプロフェッショナルツアーの主要なイベントにも参加できると共に、すばらしい挑戦にもきっと出会えることでしょう。
多くのゴルフコースはロバート・トレント・ジョーンズ[Robert Trent Jones]、ロッキー・ロケモア[Rocky Roquemore]、サー・ヘンリー・コットン[Sir Henry Cotton]、アーノルド・パーマー[Arnold Palmer]のような著名な建築家達によりデザインされました。その風景は時に手つかずの自然であったり、背景に海を臨んだり、これは疑う余地のない美しいセッティングです。

8. 世界遺産
ポルトガルの22の区分は国とその国民そして遠い昔からのその土地の居住者の歴史と文化を表現します。ポルトガルの美しい自然風景を提供する歴史的にも芸術的にも重要な僧院と修道院、卓越したモニュメント、歴史的な地や文化的景観はユネスコにより世界遺産の一部とみなされています。
当時の人々や祭事の祝い事などを思い起こさせるものとしては、ファド[Fado]カンテ・アレンテジャーノ[Cante Alentejano] [アレンテージョの歌]と地中海料理があります。また、ラトル製品、ビザリャンイス[Bisalhães]の黒色土器製品、王室の鷹匠術のアート、エシュトレモシュ[Estremoz]の粘度人形製品のような美術工芸と無形文化財も忘れてはなりません。
世界史へのこれらのポルトガル人の貢献に対する訪問は絶対に外せないもので、国を北から南まで観光するよき理由となります。


9. 美食とワイン
ポルトガル料理は非常に高く評価されており、いつもすばらしい思い出を残してくれます。国の配置と近接の大西洋により魚と海産物が有名です。海岸で心地よいポルトガルの太陽のもと最高品質の多様な食卓ワインと一緒に楽しむとそのおいしさはより格別です。オリーブオイル、野菜、ハーブを添えた地中海料理は最も優れた特徴の1つです。
ポートワインは数世紀に渡りポルトガルのすばらしい大使の役割を果たしてきましたが、最近ではパステル・デ・ナタ[pastel de nata] [カスタードタルト]と修道院菓子のような他の本物のポルトガルのお菓子も最後にお召し上がりください。
優れたシェフの専門的技能もまたポルトガル料理を世界最高の料理というレベルまで押し上げました。


10. 国民...
訪問時、旅行者の目に最も顕著に止まるのはポルトガル人のもてなしと親しみやすさです。声をかけられ道を尋ねられたらいつでも立ち止まり手を差し伸べる準備ができています。どこから来たかに関係なく誰でも歓迎する気立ての良さはおそらく太陽がくれたものかもしれません...

2018年、旅行するならポルトガルを訪れずに帰ることのないよう。ポルトガルをお見逃しなく!


詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close