www.visitportugal.com

Live Chat

場所

結果

結果の数: 238


  1. Cartaxo
    場所
    Cartaxo
    カルタショ サンタレン(Santarém)から約10キロメートル離れたところにあるカルタショ(Cartaxo)は、大変古い起源を持った村です。ローマ人によって支配されていた時代には、リスボン(Lisboa)とサンタレンを結ぶ街道上の要所となっていました。 付近一帯は、今も基本的に農業地域であり、一般にカラスカォン(carrascão)(渋いワイン)として知られているフルボディの赤ワインの生産地として有名です。そのワイン生産にまつわる歴史はすべて、地方とワインの博物館(Museu Rural (...)

  2. Mondim de Basto
    場所
    Mondim de Basto
    モンディン・デ・バスト タメガ川(Rio Tâmega)の近くにあるモンディン・ド・バスト(Mondim de Basto)は12世紀、サンショ1世(D. Sancho I)の治世に建てられた町ですが、長年ここを通過していった多くの人々の足跡が今なお残っています。 町の上方にそびえるのは火山を思わせるピラミッド型をしたモンテ・ファリーニャ(Monte Farinha)です。これは海抜990メートルの急勾配の山で、その頂上にはセニョーラ・ダ・グラサ修道院(Ermida da Senhora (...)

  3. Mação
    場所
    Mação
    マサォン マサォン(Mação)の村は、ポルトガル内陸部、ピニャル(Pinhal)の地域にあります。これは、ヨーロッパ最大の森林地帯の中にあるということを意味しています。静かな村では、ベイラ・バイシャ地方(Beira Baixa)の特徴(特にその小高い丘と谷のなす周囲の風景)と、リバテージョ地方(Ribatejo)の特徴(ことに石灰の白壁が顕著なうえ、色彩で縁取られた窓や戸口を持つ家々)がまざりあっています。 村の見どころは、16世紀の教区教会(Igreja (...)

  4. Vila de Rei
    場所
    Vila de Rei
    ヴィラ・デ・レイ ヴィラ・デ・レイ(Vila de Rei)は、ポルトガルを南北に貫く線と東西に貫く線の交わる国の中心点にあります。その点はセーラ・デ・ミルリサ(Serra de Milriça)にある測量三角錐の頂点に印されており、そこはこの地方の素晴らしい景色を眺める見晴らし台となっています。 ヴィラ・デ・レイの名前は、13世紀にこの町に設立勅許状を与え、様々な特権を与えたドン・ディニス国王(Rei Dom Dinis)にちなんでつけられました。またその王妃であるドナ・イサベル(Dona (...)

  5. 場所
    Sertã
    (...)

  6. 場所
    Macedo de Cavaleiros
    マセド・デ・カヴァレイロス トラス・オス・モンテス(Trás-os-Montes)の北東部にあるマセド・デ・カヴァレイロス(Macedo de Cavaleiros)は、パラグライダーなどのアドベンチャー・スポーツで特に人気のあるボルネス山脈(Serra de Bornes)の近くで、肥沃な谷間に多くの館が散在するところです。 シャシン王立絹工場(Real Filatório de (...)

  7. 場所
    Loures
    ロウレス リスボン(Lisboa)郊外に広がるロウレス(Loures)の一帯は、昔から「サロイア」(田舎)と呼ばれてきました。かつて付近にあった農園で、リスボンの町に供給する野菜や生鮮品が作られていたからです。 一帯が行楽地として注目されだした頃、貴族たちはこの地に屋敷を建てるようになりました。その例として、18世紀のコレイオ・モール館(「郵政大臣の館」の意)とそのキンタ(荘園)(Palácio e Quinta do (...)

  8. Santa Marta de Penaguião
    場所
    Santa Marta de Penaguião
    サンタ・マルタ・デ・ペナギアォン ドウロ(Douro)ワイン地域にあるサンタ・マルタ・デ・ペナギアォン(Santa Marta de Penaguião)はワイン醸造組合で有名で、ここでは非常に評判の高いテーブルワインや強化ワインもいくつか生産されています。 この地域は目の届く限りどこまでも広がるワイン畑の景観が見事です。

  9. Paços de Ferreira
    場所
    Paços de Ferreira
    パソス・デ・フェレイラ この地域には先史時代から人が住んでおり、今なおラモゾ(Lamoso)やシターニア・デ・サンフィンス(Citânia de Sanfins)のドルメン(巨石墳墓)(イベリア半島北部で最も重要な考古学遺跡跡の1つ)など、その時期の非常に古い遺跡が保存されています。フェレイラ修道院(Mosteiro de Ferreira)のロマネスク様式の教会は、12世紀に建てられた素晴らしい建築物です。 今日のパソス・デ・フェレイラ(Paços de (...)

  10. 場所
    Entroncamento
    (...)

Pages

詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close