www.visitportugal.com

絞込み検索


結果

結果の数: 53


  1. Parque Arqueológico do Vale do Côa
写真: PAVC
    考古学
    Parque Arqueológico do Vale do Côa
    ヴァーレ・ド・コア考古学公園 初春にアーモンドの木が満開になり、秋にはブドウの木が燃えるような赤い葉で覆われるポルトガル北東部の雄大な山全体では、南からドウロ川(Rio Douro)が流れ込み、その支流は現在では世界中で名前を知られるようになりました。これはコア川(Rio Côa)であり、広大な渓谷には長い年月の間栄えてきた芸術の例が数多くあります。川岸を形作る岩の構成は、1,000年を経るたびに、先祖の創造的衝動によって私たちに残された何千もの彫刻に覆われたパネルに作り変えられてきました。 (...)

    电话:+351 279 768 260/1
    ファックス:+351 279 768 270
    Eメール: museu@arte-coa.pt

    ウェブサイト:http://www.arte-coa.pt

  2. Ruínas Romanas de Milreu
写真: Turismo do Algarve
    考古学
    Villa Romana de Milreu
    ミルレウ(Milreu)の遺跡 紀元1世紀または2世紀のローマ時代につくられたミルレウのヴィラ(住居)は、4世紀に改築され、6、7世紀ごろまで使用されていました。現在は国の史跡に指定されています。今でも1世紀に建造され2世紀および4世紀に改築された大邸宅や農業用施設、浴場、そして神殿の構造を見ることができます。

    电话:+351 289 997 823
    ファックス:+351 289 997 823
    Eメール: milreu@cultalg.pt
    ウェブサイト:http://www.cultalg.pt

  3. Ruínas de Conímbriga
場所: Conímbriga
    考古学
    Ruínas de Conímbriga
    (...)

  4. Cromeleque dos Almendres
写真: M'Ar de AR Hotels
    考古学
    Cromeleque e menir dos Almendres
    アルメンドレス(Almendres)のクロムレック(円形石柱群)とメンヒル(巨大石柱) アルメンドレスのクロムレックは、2つの円の形に置かれた95基の石からなっています。一部の石には、図形のような幾何学的な模様が刻まれています。このクロムレックから少し離れたところに、高さ約4メートルのメンヒルがあります。最近の研究により、これらの石の大半は建造当時のままの位置にあることが証明されており、クロムレックは新石器時代(紀元前4,000年)から銅石器時代(紀元前2,500年)のものと特定されています。

  5. Citânia de Briteiros
    考古学
    Citânia de Briteiros
    シタニア・デ・ブリテイロス 紀元前2000年以降、イベリア半島の北西部に人間が社会を作って定住するようになって部族を形成し、「カストロ(castros)」と名付けられた高い場所に住むようになりました。さまざまな場所で移住者の建物が似ていることから、紀元前2世紀に頂点に達する「カストロ文化」は、ポルトガルのミーニョ(Minho)からガリシア(Galiza)およびスペインのアストゥリアス(Astúrias)までを含むこの地域で発展したということができます。シタニア・デ・ブリテイロス(Citânia (...)

    ウェブサイト:http://www.guimaraesturismo.com/pages/154/?geo_article_id=11 (...)
    http://citania.csarmento.uminho.pt/default.asp?language=2

  6. Templo romano de Évora
写真: M'Ar de AR Hotels
    考古学
    Templo romano de Évora
    エヴォラ(Evora)のローマ神殿 女神ディアナに捧げられたこの神殿は、ローマ帝国の皇帝崇拝に使用されていたと考えられています。 この神殿は紀元1世紀ごろに建造されて以降、1870年に修復が行われるまで、武器庫や劇場や闘技場として使用されていました。最近の発掘調査によって、かつては柱廊と水の鏡が神殿を取り囲んでいたことが明らかになっています。

  7. Cerro da Vila
写真: Grupo Lusort
    考古学
    Ruínas romanas do Cerro da Vila (Museu e Centro Arqueológico do Cerro da Vila)
    セロ・ダ・ヴィラ(Cerro da Vila)のローマ遺跡(セロ・ダ・ヴィラ博物館・考古学センター) 3世紀に建設されたヴィラ(住居)です。考古学的調査によって、このヴィラには、ローマ時代から西ゴート時代を経てアラブ時代(紀元前1世紀から紀元11世紀まで)まで、人が住んでいたことが示されています。主な見どころには、港に隣接する居住区、浴場、魚の塩漬け工場などがあります。

    电话:+351 289 312 153
    ファックス:+351 289 302 783
    Eメール: museucerrodavila@mail.telepac.pt

  8. 考古学
    Anta Grande do Zambujeiro de Valverde
    ヴァルヴェルデ(Valverde)のザンブジェイロ(Zambujeiro)の巨石遺跡 これまで見つかっている中でイベリア半島最大のドルメン(支石墓)です。全体の直径が50メートルあり、高さ6メートルの墓室と外へつながる長い通路からなっています。国の史跡に指定されており、その発掘品はエヴォラ美術館(Museu de Évora)で見ることができます。

  9. Villa Romana de Pisões
    考古学
    Villa Romana de Pisões
    ピゾンエス(Pisões)のローマ時代のヴィラ(住居) 紀元前1世紀から西ゴート時代にかけての遺物を有するヴィラです。これまでに、列柱に囲まれた小さな中庭を中心とした40以上の部屋からなるヴィラの居住部分が一部発掘されています。その所有地は、鉄道とピゾンエスの峡谷で区切られるほど大きなものです。

  10. 考古学
    Anta Capela de Pavia
    パヴィア(Pavia)のドルメン(支石墓)礼拝堂 ディニス王(17世紀)に捧げられたパヴィアのドルメン礼拝堂は、キリスト教用に作りかえられたポルトガルの巨石遺跡のひとつです。この礼拝堂の場合、ドルメンの墓室部分が礼拝堂の身廊に転用されました。

Pages

詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close