www.visitportugal.com

Live Chat

Tapada das Necessidades

Tapada das Necessidades

庭園、公園、森林

タパダ・ダス・ネセシダーデス(Tapada das Necessidades) タパダ・ダス・ネセシダーデスは、1604年からプラゼーレス(Prazeres)地区にあった猟場です。1742年、ポルトガル王ジョアン5世が周囲の農地を購入し、礼拝堂、修道院とともに自分が住まうための宮殿を建てました。 1843年、フェルナンド王がボナルドに庭園の再設計を依頼し、それまで菜園だったところをイギリス風の庭園にしました。その後ペドロ5世(19世紀)が円形の温室を建て、カルロス1世(19世紀末)がテニスコートとパビリオンをつくりました。このパビリオンは「カザ・ド・レガーロ」(Casa do Ragalo)と呼ばれ、アメリア王妃がアトリエとして使用していました。現在は、公園の森林管理委員会が管理しています。 公園内には、パルメイラ(Palmeira)、エストレリシアス(Estrelícias)、デューケ・デ・ラフォンス(Duque de Lafões)と呼ばれる3つの池があり、その周りにはさまざまな珍しい植物や、小さな滝、噴水、貯水池、そして「エスタトゥアリア・ダス・ヴィルトゥデス(美徳の像)」シリーズをはじめとする彫刻が見られます。

問い合わせ先

住所:
Largo das Necessidades 
1399-051 Lisboa

午前10時-午後6時半。休:12月24、25、31日、1月1日、復活祭の日曜日。

バス

計算
É necessário seleccionar um ponto de partida.

詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
記録と共有
Artur Lag
Escola de Mergulho, experiencias de M (...)
Walter Von
Genieten van combinatie van wijn en k (...)
イベント イベント
さらに見る
MONSTRA 2015
MONSTRA 2015
3月に、リジュボアの「Monstra」を見て、世 (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件