www.visitportugal.com

Live Chat

Faro

Faro
Faro

場所

ファロ
この地域が発展し、地位を確立したのは古代ローマ時代です。当時はCivitas Ossobonensisと呼ばれ、その境界線は現在のタヴィラ(Tavira)の辺りまで延びており、それぞれ独自の生産、農業および海運の役割を持つ町が数多く含まれていました。こうした歴史的過去は、この都市で発掘され、現在はエンリケ王子(エンリケ航海王子)考古学博物館(Museu Arqueológico Infante D. Henrique)で一般公開されている考古学的遺物や、ファロ(Faro)郊外で発見されたミルレウ遺跡(Milreu Ruins)の研究から明らかになりました。

この町は9世紀にここを統治していたアラブ人一族の名前をとって、サンタ・マリア・イブン・ハルン(Santa Maria Ibn Harun)と名づけられました。ファロはこの名称に由来します。イスラム教徒が支配した時代を通じて、キリスト教の信仰が認められたため、名称の一部に「サンタ・マリア」が残されました。この時代の考古学的遺跡の他、ポルタ・アラビ(Porta Árabe)(アルコ・ダ・ヴィラ(Arco da Vila)の一部)もヴィラ・アデントロ(Vila-Adentro)と呼ばれる塁壁内の中心への進入路の1つであったことを思い起こさせます。

ヴィラ・アデントロは、アフォンソ3世(D. Afonso III)治世下の1249年に最終的にキリスト教徒の手に戻りました。かつてモスクがあった場所にカテドラルが建てられ、塁壁は新たな支配者を強調するために強化されて引き継がれました。

16世紀になると、ファロはアルガルヴェ(Algarve)地方の重要な交易の中心地となり、何世紀にもわたってその役割を果たしました。1540年には市に昇格し、かつてシルベス(Silves)にあった司教区はファロに移されました。この都市の宗教的建造物の多くはこの時期に建てられたもので、経済的な豊かさがミゼリコルディア教会(Igreja da Misericórdia)、サント・フランシス修道院(Conventos de São Francisco)、ノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサン修道院(Conventos de Nossa Senhora da Assunção、被昇天の聖母修道院。現在はエンリケ王子考古学博物館)、サンティアゴ・マイオール修道院(Conventos de Santiago Maior)、サント・アントニオ・ドス・カプショス修道院(Conventos de Santo António dos Capuchos)の芸術的な美しさに反映されています。

19世紀になるとファロは行政上再編されて地域の権限が中央集権化され、地域経済において重要な役割を果たすようになるのに伴ってアルガルヴェ(Algarve)地方で最も重要な都市の1つとなりました。貴族階級やブルジョア層は宮殿のような邸宅を建ててこの都市改造に貢献し、富裕層は郊外にセカンド・ホームを建てました。荘厳なエストイ宮殿(Palácio de Estói)もその1つです。

前述の建築遺産に加え、ファロを散策する際は、特に若者の興味を引くさまざまな活動を行うセントロ・シエンシア・ヴィヴァ(Centro Ciência Viva)へも家族で訪れてください。

町の郊外にはリア・フォルモサ自然公園(Parque Natural da Ria Formosa)があり、その見事な美しさは訪れる価値のあることを約束します。



計算
É necessário seleccionar um ponto de partida.

詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close