www.visitportugal.com

Live Chat

Loures

Loures

場所

ロウレス
リスボン(Lisboa)郊外に広がるロウレス(Loures)の一帯は、昔から「サロイア」(田舎)と呼ばれてきました。かつて付近にあった農園で、リスボンの町に供給する野菜や生鮮品が作られていたからです。

一帯が行楽地として注目されだした頃、貴族たちはこの地に屋敷を建てるようになりました。その例として、18世紀のコレイオ・モール館(「郵政大臣の館」の意)とそのキンタ(荘園)(Palácio e Quinta do Correio-Mor)や、キンタ・ド・コンヴェンテーニョ(Quinta do Conventinho)(「小修道院の荘園」の意)が今も残っています。キンタ・ド・コンヴェンテーニョは、現在、市立博物館となっています。

周辺の地域では、他にも重要な建築物が見られます。例えば、オディヴェラス(Odivelas)の教区教会(Igreja Matriz)は、13世紀に建設され、17世紀に再建されたものです。また、サント・アンタォン・ド・トジャル(Santo Antão do Tojal)には、18世紀の大司教館(Palácio dos Arcebispos)があります。大きな噴水がはめ込まれたそのファサードの正面では、毎年9月末になると、にぎやかな18世紀の祭りが開催されます。

また、ロウレス市の中にはワイン原産地管理呼称地域の1つであるブセラス(Bucelas)があり、すばらしく質の高い白ワインが生み出されています。このワインは、19世紀のナポレオンの侵入後、世界的に広く知られるようになりましたが、すでに16、17世紀にはシェイクスピアによって記されるところとなっています。その民俗的な伝統がすべて1つとなった行事として、毎年10月にはブドウの収穫祭とワインフェスティバル(Festa do Vinho e das Vindimas)が開催されています。



計算
É necessário seleccionar um ponto de partida.

詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
記録と共有
yukie sug
ギマランイスからブラガに行く途中の山 (...)
Luc Cant
We gaan regelmatig op reis naar Madei (...)
イベント イベント
さらに見る
NOS Alive!(オエイラス・アライヴ!)
NOS Alive!(オエイラス・アライヴ!)
7月はオエイラス・アライヴ!音楽とアート (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン