www.visitportugal.com

Live Chat

Loures

Loures

場所

ロウレス
リスボン(Lisboa)郊外に広がるロウレス(Loures)の一帯は、昔から「サロイア」(田舎)と呼ばれてきました。かつて付近にあった農園で、リスボンの町に供給する野菜や生鮮品が作られていたからです。

一帯が行楽地として注目されだした頃、貴族たちはこの地に屋敷を建てるようになりました。その例として、18世紀のコレイオ・モール館(「郵政大臣の館」の意)とそのキンタ(荘園)(Palácio e Quinta do Correio-Mor)や、キンタ・ド・コンヴェンテーニョ(Quinta do Conventinho)(「小修道院の荘園」の意)が今も残っています。キンタ・ド・コンヴェンテーニョは、現在、市立博物館となっています。

周辺の地域では、他にも重要な建築物が見られます。例えば、オディヴェラス(Odivelas)の教区教会(Igreja Matriz)は、13世紀に建設され、17世紀に再建されたものです。また、サント・アンタォン・ド・トジャル(Santo Antão do Tojal)には、18世紀の大司教館(Palácio dos Arcebispos)があります。大きな噴水がはめ込まれたそのファサードの正面では、毎年9月末になると、にぎやかな18世紀の祭りが開催されます。

また、ロウレス市の中にはワイン原産地管理呼称地域の1つであるブセラス(Bucelas)があり、すばらしく質の高い白ワインが生み出されています。このワインは、19世紀のナポレオンの侵入後、世界的に広く知られるようになりましたが、すでに16、17世紀にはシェイクスピアによって記されるところとなっています。その民俗的な伝統がすべて1つとなった行事として、毎年10月にはブドウの収穫祭とワインフェスティバル(Festa do Vinho e das Vindimas)が開催されています。



計算
É necessário seleccionar um ponto de partida.

詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
記録と共有
Lenka Vyhn
Beautiful Algarve
TERESA CAB
Photo by Lenka
イベント イベント
さらに見る
ボルボオーシャンレース 2014/2015
ボルボオーシャンレース 2014/2015
ポルトガルの首都リスボンは栄誉高い世界ラ (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン