www.visitportugal.com

ヴィゼウ[Viseu] - バリアフリー旅行プラン

Mapa Viseu - itinerario turistico acessivel

主に灰色の御影石と多くの緑豊かな庭で華やかに彩られた旧市街である ヴィゼウは住人の生活の質の高さにより度々選ばれてきました。 

地図を見ながらお勧めルートを歩く

住人と旅行者に対する心遣いはバリアフリー度という点においても顕著です。手入れが行き届き安定した滑らかな表面の歩道のおかげで誰もが快適に移動できます。例えばディレイタ通り[Rua Direita]の御影石板でできた中央道やレパブリカ広場[Praça da República]周囲にある触知式案内などにも時々出くわすでしょう。一概に低く作られた横断歩道で歩道は広いためお体の不自由な方でも自力で移動することができます。

Viseu-Funicular_EmanueleSiracusa
Photo: Viseu - Funicular © Emanuele Siracusa

町を知るための一番良い方法としては、ローマ占領時代に遡ると考えられている築2000年を超える築城で2番目に古いモニュメントの1つカヴァ・デ・ヴィリアート[Cava de Viriato]から郊外の旅行プランを開始されることをおすすめします。フェイラ広場聖マテウス[Largo da Feira de São Mateus]フニクラ [Funicular]駅の近くに位置しており、お体の不自由な方のためにこの地域と歴史的中心をつなぐバリアフリーの交通手段です。丘を避けるための最も便利な手段として駅の隣にあるカテドラルに隣接する庭アドロ・ダ・セ[Adro da Sé] (7)でヴィゼウツアーを開始することをおすすめします。

Viseu_Adro da Sé - ARPT Centro de Portugal
Photo: Viseu - Adro da Sé © ARPT Centro de Portugal

町の横顔を定義する大きな2つの塔により装飾された壮大なファサードを持つカテドラル[Sé Catedral] (8)はトレス・エスカロンエス・パレス[Paço dos Três Escalões]として知られる御影石製の壮大なモニュメント郡の一部です。入り口には長い階段があり、マヌエル様式とバロック式の祭壇画で飾られた威厳ある円形天井の内部にはアクセスできないようになっています。隣接した建物はバリアフリーの広々した室内スペースを持つグラン・ヴァスコ美術館[Museu Grão Vasco] (9)を備えています。様々な著名な作品にはそれを名付けた画家による15世紀から16世紀のすばらしい屏風一式も含まれます。広場の向かいにはロココ調の装飾が豊かに施されたファサードを持つ ミゼルコルディア教会[Igreja da Misericórdia] (6)があります。御影石とは対照的に、歓喜の調べの響きが聞こえます。入り口には長い階段がありますが、段差のない設備もあり、車椅子でもお入りいただけます。


Viseu_igrejaMisericordia_shutterstock-AlvaroGermanVilela
Photo: Viseu - Igreja da Misericórdia Sé © Shutterstock | Álvaro German Vilela

こちらからはヴィゼウの中心地を見渡せる完全バリアフリーのルートのご利用をおすすめします。背景を彩る威厳あるパセイオ・コーネゴスを満喫し、それにちなんで名付けられた国王の銅像が見える町のメイン広場の1つであるドン・ドゥアルテ広場[Praça D. Duarte] (5)から出発します。ディレイタ通り(4)とフォルモーザ通り[Rua Formosa] (3)を降り進んでいくと大通りがあり、そこではたくさんの伝統的なお店に加え、特にローストした子牛肉[Vitela à Lafões]、カスターニャ・デ・オヴォシュ(卵の栗)[castanhas de ovos]とヴィリアート(V字のペストリー)[viriatos]のようなお菓子に力を入れた地元料理を味わえる様々なレストランとカフェにたどり着きます。  

Viseu_EmanueleSiracusa
Photo: Viseu © Emanuele Siracusa

ロシオ[Rossio]として知られるレパブリカ広場は町の中心であり非常に興味深いいくつかの建物が側面に連なっています。ライムの木とテラスの陰は、田舎の世界の寓話が描かれた壁を覆うタイルパネルを鑑賞するため地元住民と旅行者の休息に利用されています。この広場は18世紀の宗教的建築物のすばらしい例であるオルデン・テルセイラ・デ・サンフランシスコ教会[Igreja da Ordem Terceira de São Francisco] (2)に通じる階段から始まります。内部では特に聖フランシスの人生を描いたタイルとロココの祭壇画をじっくりご覧ください。援助がないとアクセスが難しい階段がありますが、左手の入り口をご利用ください。

Viseu
Photo: Viseu © Arquivo Turismo de Portugal

ヴィゼウには庭が豊富にあるので、そのひとつであるアキリーノ・リベイロ公園[Parque Aquilino Ribeiro] (1)でこの旅を締めくくることをおすすめします。こちらは町の緑の肺と呼ばれており、様々な品種の植物、湖、草地があり自然とのふれあいを満喫できる心地よい場所です。新たな発見への関心を高める試みのうち文学に関するものとしては、その公園がこの地区出身の作家で自身の作品に地元の人々の魂と気質をうまく表現したアキリーノ・リベイロ [Aquilino Ribeiro] (1885-1963)から名付けられたということです。  


計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
ソーシャルネットワークからログイン
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 使用条件および個人データの処理に関する規定

close