www.visitportugal.com

Live Chat

火山島、ピコ島

O cume do Pico visto do seu sopé
場所: Ilha Do Pico nos Açores
写真: Maurício de Abreu
写真: Maurício de Abreu

448km2の面積を持つピコ島 (Pico) はアソーレス諸島で2番目に大きな島です。海抜2,351mの「ピコ」と呼ばれるポルトガルで最高峰の山がそびえる島でもあります。火山島として紹介されることも多いピコ島は、いわゆる「三角海域の島々」の3点の1つであり、この群島の中央群の最南端になっており、ファイアルからわずか6kmの距離です。

ピコ島の暑く、乾燥した気候とミネラルが豊富な溶岩土壌と、黒い石の見事なモザイク模様をなすこの土地の構成 – 「クライス」(currais) (区画) - は、ブドウ、主にヴェルデーリョ (Verdelho) の品種の栽培で大きく成功することを決定付けました。次第に、この島のワインとブランデーは島の内外で高く評価されるようになり、ヴェルデーリョは国際的にその名を知られるようになりました。長くヨーロッパとアメリカに輸出されてきましたが、当時はロシア皇帝の食卓でも目玉となるほどでした。

現地の人々が「ラジド」(lajidos) すなわち「クッキー・アイランド」と呼ぶこの島の風景に点在する広大な溶岩原は、ピコ島のブドウ園文化の風景を構成しており、2004年にユネスコにより世界遺産に登録されました。ラジド・ダ・クリアソン・ヴェーリャとラジド・デ・サンタ・ルジアはその代表例です。

黒い溶岩の台地には、「リヘイラス」(rilheiras) と呼ばれるブドウと樽を運ぶ牛車の車輪が残したわだちがあり、一見の価値があります。また、海岸沿いの港や入り江には、「ローラ-ピパス」(rola-pipas) と呼ばれる浸食された斜面があるため、ワインの樽を転がして簡単に船に乗せることができました。今でも、ワイン産業の証として残されています。

大西洋で3番目に大きな火山であるピコ山の巨大な火山丘は、この島の風景にどっしりとその存在を誇示しています。その主な火口内には、ピキーニョ (Piquinho) という溶岩の火山丘があり、その上にある噴気孔が常に蒸気を放出して、ここが火山であることを思い出させてくれます。この火山への登山口がある海抜約1250メートルの地点から、この島のほとんどを見渡すことができます。また、近くにあるファイアル (Faial)、サン・ジョルジェ (São Jorge) も見ることができます。頂上への登山は骨が折れますが、素晴しい、ここだけの景色を見渡せばその疲れも吹き飛びます。天気の良い日は、グラシオーザ (Graciosa) とテルセイラ (Terceira) の島々を一望できるというオマケまで付きます。

世界で観光できる最大の溶岩洞の1つがピコ島にあります。グルータ・ダス・トーレス (Gruta das Torres) 内に広がるこの溶岩洞は、5kmの長さがあり、さまざまな種類の溶岩鍾乳石と石筍、そしてうねった壁で飾られています。

ジオツーリズムの愛好者の方には、他にも見逃せない場所があります。フレイ・マティアス (Frei Matias)、シルヴェイラ (Silveira)、およびモンタニェイロス (Montanheiros) のフルナス (Furnas) (地熱大地)、サンタ・ルジア、プライーニャ (Prainha) とサン・ジョアン (S. João) の「ミステリー」 (Mistérios de Santa Luzia) には是非足を運びましょう。海中での火山噴火による溶岩で形成され、この島に加えられました。また、アクロス・ド・カショーロ (Arcos do Cachorro) は、無数のトンネルや洞窟により穴があいた溶岩の見事な集合体で、ここから海水が通って大渦巻を生みます。

他の見るべき場所では、カピタン (Capitão)、カイアド (Caiado)、そしてパウル (Paul) の湖があります。また、島を北に向かって走る道路上にあるテラ・アルタ (Terra Alta) 展望所からは、サン・ジョルジェ島、そしてピコ島の豊かな森林が織り成す風景を見ることができます。

ピコは、力強い捕鯨の伝統を持つ島です。この島はマダレーナ (Madalena)、サン・ロケ (São Roque)、ラジェス (Lajes) という3つの地区に分かれています。そして、アソーレス諸島の他の島と同様、その建築物の遺産は主にさまざまな教会区の教会や礼拝堂に集中しています。それらは、ヴィラ・マダレーナ (Vila Madalena) にあるサンタ・マリア・マダレーナ教会 (Igreja de Santa Maria Madalena)、サン・ロケ・ド・ピコ (São Roque do Pico) にあるサン・ロケ (São Roque) とサン・ペドロ・デ・アルカンタラ (Convento e Igreja de São Pedro de Alcântara) の修道院と教会 、ラジェス (Lajes) にあるノッサ・セニョーラ・ダ・コンセイソン (Nossa Senhora da Conceição) およびサン・ペドロ教会 (Ermida de São Pedro) などですが、他にも多くの建築物があります。

ピコ博物館 (Museu do Pico) も訪問する価値があります。ここは次の3つの部門に分かれています。ラジェス (Lajes) の捕鯨博物館 (Museu dos Baleeiros)、サン・ロケ (São Roque) の捕鯨産業博物館 (Museu da Indústria Baleeira)、そしてマダレーナ (Madalena) のワイン博物館 (Museu do Vinho) です。いずれも、ピコ島の歴史における重要な時代を紹介しています。ワイン博物館は旧カルメル修道院の中にあります。ブドウ園の見学、ワインの試飲などのサービスを提供しており、9月には、ブドウの収穫に参加する機会があります。

自然の豊かさとは別に、ピコ島は魚とシーフードを一番の基本とするすばらしい美食の伝統も提供しています。そのハイライトは有名なカルデイラーダ (caldeiradas) (ブイヤベース)、ヴィーニョ・デ・シエイロ (vinho de cheiro) で煮込んだ蛸のシチュー、モーリャ・デ・カルネ (molha de carne) (ロースト肉の名物料理)、そして魚のスープです。鮮やかな赤色の果肉のイチジクもまた有名です。さらに、乳香の花から作られるハチミツとピコ・チーズ (Queijo do Pico) – 牛乳から作られる柔らかなチーズ (サン・ジョアン (São João) とアリフェ (Arrife) が特に有名) - もあります。これらはすべて、もちろん、ヴェルデーリョ・ワイン、またはこの島で非常に評価されている赤と白のワインとともにお腹の中に入ります。

ピコは力強い捕鯨の伝統を持つ島です。また、クジラの骨と歯で作ったさまざまな工芸品、魚の鱗で作った麦藁帽子や花、捕鯨船の木製ミニチュアなどの製品もすべてお土産に喜ばれます。


詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
記録と共有
yukie sug
ギマランイスからブラガに行く途中の山 (...)
CYNTHIA AD
Three years ago, my husband, Huw, our (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン