www.visitportugal.com

Live Chat

Navio-Museu Santo André

Navio-Museu Santo André

美術館と宮殿

サント・アンドレ船博物館(Navio-Museu Santo André)
サント・アンドレ船博物館は、イリャヴォ海洋博物館(Ílhavo Maritime Museum)の分館です。サント・アンドレはポルトガルのタラ漁船団で活躍した船であり、この船を利用した博物館はトロール漁に用いられるさまざまな技術や手法を紹介することを目的として設計されています。このサイド・トロール船(今より「古典的な」トロール漁に使用されていたもの)は、アヴェイロ漁業会社の注文によって、1948年にオランダで建造されました。全長71.40メートルで最高2,000トンの魚を積むことができる、当時としては最新式の船でした。

1980年代になって外国の水域で漁をすることに対する規制が導入されると、漁船団は縮小され、多くの船が解体されることとなりました。サント・アンドレも例外ではなく、1997年8月21日に解体作業が開始されました。しかし、かつて象徴的な存在であったこの船は、多くの人々の記憶にとどまっており、保存すべきだという声が高まりました。そしてサント・アンドレの保存に向けて団結し、アイディアを出し合ったのです。

その結果、船主のアントニオ・ド・ラゴ・セルケイラとイリャヴォ市議会は、大西洋における壮大なタラ漁の時代を生きてきた人々の夢を実現するために、古くなったサント・アンドレを船博物館として転用することを決定しました。こうしてサント・アンドレは解体の危機をまぬがれましたが、その他のトロール船はそれほど幸運ではなく、順次解体されてその記憶は永久に失われてしまいました。

現在サント・アンドレは博物館としてよみがえり、半世紀にわたって漁業活動にたずさわったこの船の全乗組員たちの記憶に敬意を表すると共に、かつてのトロール船によるタラ漁がどのように行われていたかを現在と未来の世代に伝えていくことを新たな使命としています。
問い合わせ先

住所:
Jardim Oudinot  (Forte da Barra)
3830-193 Ílhavo
电话:
+351 234 329 990
ファックス:
+351 234 321 797

ガイドツアー
カフェテリア
各種催し物の詳細については、イベントカレンダー(文化欄)をご参照ください。

計算
É necessário seleccionar um ponto de partida.


詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
記録と共有
yukie sug
ギマランイスからブラガに行く途中の山 (...)
CYNTHIA AD
Three years ago, my husband, Huw, our (...)
イベント イベント
さらに見る
中世市場
中世市場
7月には、オビドスの中世市場に行って過去 (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン