www.visitportugal.com

Live Chat

世界の音楽と世界遺産、ファド (Fado)

Museu do Fado
場所: Museu do Fado

ショール、ポルトガルギター、歌声、そして心からの感情。このシンプルなイメージが、ポルトガルのシンボルと認められている、純粋にポルトガルたる世界の音楽、ファドを表現しています。

その中心にあるのは感傷、失恋、死者への思慕、毎日の生活と勝利の喜びです。結局、人生の浮き沈みが終わりのない感動的なテーマを与えるのです。

人々は「ファドはファドだ」といいます。つまり、ポルトガル人の魂の中に根付いているもので、区別は付けられないのです。そうとはいえ、プロとアマチュアは違うと言ってのける人もあります。プロはその歌声で日々の糧を得ています。アマチュアはヴァディオ (vadio) (放浪者) としても知られるファドを歌います。これは異なる性質のものですが、ここでも思慕が主なライトモチーフとなっています。リスボンの労働者階級の地区にカムバックしたファド・ヴァディオの歌手は、決して招待されません。彼等は勝手に押しかけますが、レパートリーを持ちません。コインブラのファドには特別な特徴があり、学生たちが歌います。

2011年、ユネスコは、自らとその国を象徴する都市リスボンの歌として、ファドを世界遺産に認定しました。

詳細について知るには、リスボンの歴史地区の1つアルファマ (Alfama) にあるファド博物館 (Museu do Fado) にお出かけください。数百点もの寄贈品から集められた膨大なコレクションを所蔵しており、19世紀から現代までのファドの歴史を知ることができます。

マドラゴア (Madragoa) に近いリスボンにも、アマリアが暮らしていた家があり、現在では博物館となっています。アマリアは素晴しいヨーロッパのホールの垣根を越えてファドを広めた、ファドの最高のカリスマ歌手でした。ステージの上で目を奪うような存在感を持ち、歌うことに天賦の才を持つ歌手で、黒いドレスとショールというクラシックなイメージの彼女の姿が思い浮かびます。


詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
記録と共有
Walter Von
Genieten van combinatie van wijn en k (...)
Aneesh Kot
A dramatic sunset over the beautiful (...)
イベント イベント
さらに見る
マデイラのカーニヴァル
マデイラのカーニヴァル
カーニヴァルは、公的には四旬節の前の金曜 (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件