www.visitportugal.com

ロマネスク・ルート

Detalhe de Portal da Igreja de S. Pedro das Águias ou de São Pedro Velho
場所: Granjinha
写真: Câmara Municipal de Tabuaço
写真: Câmara Municipal de Tabuaço

絶対のお勧め
  • タメガ (Tâmega) 川が流れる美しい都市、アマランテ (Amarante) を観光。ハイライトは、サン・ゴンサーロ教会 (Igreja de São Gonçalo) とアマデオ・デ・ソウザ・カルドーソ博物館 (Casa Museu Amadeu de Souza-Cardoso) です。
  • 川沿いのテラスを楽しむ。アマランテの修道院で作られたスイーツに舌鼓。
  • フェルゲイラスで、有名なマルガリデ (Margaride) パン・デ・ロー (pão-de-ló) (スポンジケーキ) を楽しむ。

ロマネスク・ルートはポルトガル北部、タメガ (Tâmega) 川、サウサ (Sousa) 川、およびドウロ (Douro) 川の一部の周辺にある58のモニュメントを巡るツアーです。

修道院、教会、記念館、橋、城、塔などが含まれます。これらはすべてこの地域の特徴的なロマネスク建築です。全体として、これらは三角形の中心にあり、その頂点には次のような世界遺産があります。ポルト (Porto)、ギマラインス (Guimarães)、ドウロ渓谷 (Vale do Douro)。

ロマネスク・ルートは実際には3つのルートに分かれています。それぞれが道路でつながっており、以下の川の渓谷に沿っています。サウサ渓谷ルート、19モニュメント、タメガ渓谷ルート、25モニュメント、そして、カステロ・デ・パイヴァ (Castelo de Paiva) とレゼンデ (Resende) のほぼ真ん中にあるドウロ渓谷ルート、14モニュメントです。

この地域とその建築学的遺産は、消え去ることなくポルトガル国家の始まりに深く結びついています。今日ポルトガルとなっている領地のキリスト教によるレコンキスタの時代に最初の国王を支援した貴族たちが居を定めたのがここでした。一方、聖職者と聖職者の地位にある者たちは、人々の定住を支援しました。このため、独特な建築学的特徴を持つ教会、修道院、およびその他のモニュメントがこのような小さな地域に集中しているのです。敵に包囲された塔と控え壁が証明するように、これらは防衛の役割を演じることもしばしばでした。

この歴史的かつ芸術的遺産の特異な性質は、目に留まる装飾に何よりも基づいています。例えば、教会や修道院施設の玄関です。ここでは、顕著な彫刻的品質を組み合わせた動物、野菜、または幾何学的テーマの使用が、このルートに含まれる建築物に、ポルトガルのロマネスクというコンテキストにおける全体的な統一性を与えています。一方、これらはほとんど11世紀から13世紀の建築物でありながら、これらの建築技術はゴシック様式がすでに他の場所でも普及していた時代に広がっていたことが分かります。これがこのロマネスク・ルートのもう1つの特徴でもあります。

ロマネスク・ルートは歴史を巡る旅です。そして、この地域の総合的な観光を楽しむための素晴しい出発点でもあります。伝統的な料理、ワイン、フェスティバル、そして現地の工芸品が見つかり、現地の人々と実際に触れ合うことができる市場など、地域ならではの側面に案内してくれます。さらに、ハイカーやサイクリストが自然との触れ合いを楽しめる歩道や通路もあります。もっと積極的に動きたい場合は、パイヴァ川で忘れられないラフティングのユニークな体験に挑戦してください。


詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close