www.visitportugal.com

Arouca Geopark

Geoparque de Arouca
Arouca Geopark

保護区

アロウカ・ジオパーク (Geoparque de Arouca) はユネスコ(UNESCO、国際連合教育科学文化機関)の後援の下、ヨーロピアン・ジオパークス・ネットワークによって、2009年にその地質学的遺産が認定されました。このジオパークはアロウカ市全域を含み、総面積は328平方キロメートルとなっています。ここには、唯一無二の特徴と素晴らしい科学的価値をもつジオサイトが41あります。 そのうち、世界的重要性という観点から特筆すべきは、球状花崗岩 (Pedras Parideiras) 、カネラス (Canelas) の巨大三葉虫、ヴァレ・ド・パイヴァ (Vale do Paiva) の生痕化石の3つです。

アロウカ・ジオパークは山岳地域の一部を成しています。標高の最高地点はフレイタ (Freita) 、モンテムーロ (Montemuro) 山脈にあり、海抜1000メートルを超えます。 このエリアには、険しく深い渓谷をなすアルダ (Arda) 、パイヴァ (Paiva) 、パソ (Paçô) など、澄んだ水質の川が流れています。 こうした自然の特徴は、さまざまなスポーツをするのに最高の条件となります。例えば、キャニオニング、登山、カヌー、ラフティングを楽しむなら、パイヴァ川の急流はポルトガルで一、二を争うベストスポットです。

訪れた人にこうした贅沢な景観を満喫してもらうために、ジオパークは歩道ネットワーク(13の短距離遊歩道と1つの長距離遊歩道)を設定しています。遊歩道では、多様性に富む動植物の観察に加え、約75メートルの高さからカイマ川 (Rio Caima) に流れ落ちるフレシャ・ダ・ミゼレラ (Frecha da Misarela) の滝など独特の場所を発見したり、この地域の鉱山開発の痕跡を探したりすることも可能です。ここにはローマ時代の金山遺跡と第二次世界大戦中にイギリスとドイツが開発したタングステン鉱山があります。

文化的、歴史的遺産については、アロウカ修道院(Mosteiro de Arouca) をご紹介します。この修道院は地域の発展に大きな影響を与えました。その名残は郷土料理にもみられ、バリーガ・デ・フレイラ(barrigas de freira、修道女のおなかの意)、カスタニャス・イ・モルセラシュ・ドーセシュ(castanhas e morcelas doces 、甘栗と一種の黒プリン)、ロスカス・イ・シャルートス・デ・アメンドア(roscas e charutos de amêndoa、アーモンドビスケットとアーモンドシガー)などのデザートのレシピは今なお高く評価されています。この地域のメーンディッシュの中で注目すべきは、ずばり、"アロウケーザ(Arouquesa)"と呼ばれる地元産の仔牛のローストとステーキです。

問い合わせ先

AGA – Associação Geoparque Arouca 
Rua Alfredo Vaz Pinto - 4540-118 Arouca 
Tel.: +351 256 940 254

ウェブサイト:

ガイドツアー
道標ルート
駐車場
: 328 km2
利用可能な宿泊施設
レストラン
トイレ
屋外駐車場

計算
É necessário seleccionar um ponto de partida.


詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 使用条件および個人データの処理に関する規定

close