www.visitportugal.com

Live Chat

ファロ (Faro) での休日

 
場所:Faro
写真:Turismo de Portugal
Photo:Turismo de Portugal

絶対のお勧め
  • 「ヴィラ・アデントロ」(vila-adentro) でイスラム教の痕跡を辿る
  • カテドラル (Sé) を訪れ、鐘楼に登り、都市と河口を一望する
  • 国王アフォンソ3世のように休憩の門 (Arco do Repouso)で一服
  • 河岸に沿ってブラブラ歩き
  • ファロ島 (Ilha de Faro) やクラトラ (Culatra) のビーチで日没を鑑賞
  • ポルトガル本土の最南端、聖マリア岬の灯台 (Farol do Cabo de Santa Maria) に登り、眺望を楽しむ
  • 夏はデゼルタ (Deserta) 島のビーチで1日を過ごし、人の手のついていない空間を楽しむ

1756年以来、アルガルヴェ (Algarve) の首都ファロは、飛行機で到着する人々の玄関でもあります。マヌエル・ビヴァール庭園 (Jardim Manuel Bívar) は観光客にとって美しい受容の地区で、マリーナ、リア・フォルモザ (Ria Formosa)、そして海の全景が見渡せる場所です。

アルコ・ダ・ヴィラ (Arco da Vila)
は「ヴィラ・アデントロ」(町の中に)(vila adentro) として知られる旧市街に通じています。ここでは、この国で最古の馬蹄型アーチ、11世紀のポルタ・アラビ (Porta Árabe) を見ることができます。これは、海から到着する人々にとって、壁を通過する入り口でした。ここからは入り組んだ通りが始まります。隠れた場所や壁の割れ目を探しながらブラブラ歩く価値のある区域です。この都市の歴史を証言する多くの出土品が、16世紀のノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサォン修道院 (Convento of Nossa Senhora da Assunção) にある市立博物館で見つかります。

主教の宮殿 (Paço Episcopal) の建築物がひしめいているカテドラル広場 (Largo da Sé) では、かつてモスクにより支配されていたこの土地でのキリスト教徒のレコンキスタ後、1251年に建築されたカテドラル (Sé) を見ることができます。内部はアルガルヴェにおける17、18世紀の最も素晴しいコレクションの1つとなっています。この時代は、美しい金箔の彫刻やタイルが設えられたサン・フランシスコ教会 (Igreja de São Francisco) にもよく描かれています。すぐ傍には休憩の門 (Arco do Repouso) を保護する2つの望楼が立っています。物語によれば、国王アフォンソ3世がファロの征服中にここで休憩したことから、この名前が付けられたということです。



詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
記録と共有
Lenka Vyhn
Beautiful Algarve
TERESA CAB
Photo by Lenka
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン