www.visitportugal.com

Live Chat

シルヴェス (Silves)

Castelo Vista
場所: Silves
写真: José Manuel
Photo: José Manuel

シルヴェスはかつてアルガルヴェ(Algarve) の古代アラブ王国の首都であり、その最重要都市でした。その時代にシルヴェスは堂々たる外形を作りました。赤い色合いの城がそれで、冒険心をそそられます。

イスラム教時代のポルトガルの最も美しい軍事的モニュメントとされるこのは、アルガルヴェ最大の建築物でもあります。その塔と壁はモンシーケ山脈(Serra de Monchique) の丘に立っています。そのため領地を監視し、敵からの攻撃を防御することができました。そして現在は、アラーデ (Rio Arade) 川の周りのオレンジの木に覆われたこれらの肥沃な大地を一望する素晴しいビューポイントになっています。この城はアラブ人により、おそらく45世紀の古代ローマの砦の上に建設されました。さらに2つの壁も集落を取り囲んでおり、そのうち現存するのはごくわずかです。城の内部には古代アラブの砦と2つの水槽があります。そのうち1つは、川につながっているといわれています。

1189年、サンショ1世がムーア人からシルヴェスを獲得しましたが、ムーア人が最終的に追放されたのは1242年、国王アフォンソ3 (Afonso III) の時代でした。現在カテドラル (Sé) に姿を変えている古代の素晴しいモスクは、この時代から現代までアルガルヴェの最も重要な教会の1つと考えられています。建築はゴシック様式で始まり、バロック時代に完成を見ました。このカテドラルは城の反対側にあり、城と同様赤いシルヴェス砂岩で建造されています。



詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close