www.visitportugal.com

カステロ・ブランコ (Castelo Branco) 観光

Castelo Branco

絶対のお勧め
  • 司教邸宅 の庭園を散策
  • カステロ・ブランコ・キルトを鑑賞
  • 城に登り、眼下に広がる眺めを楽しむ

大きすぎず、小さすぎず、人間にとって適度な規模のカステロ・ブランコ (Castelo Branco) は、訪れるだけの価値がある街です。ここでは、おすすめのスポットをいくつかご紹介します。でも、観光客があまり行かない路地裏を自分のペースで歩き回った方が、新しい発見があるものです。

カステロ・ブランコの観光は、サン・ミゲル教会(Igreja de São Miguel) とも呼ばれるカテドラル (Catedral) を起点に、フランシスコ・タヴァレス・プロエンサ・ジュニオール博物館 (Museu Francisco Tavares Proença Junior) に向かうのが定番のコースです。博物館では、カステロ・ブランコのリネンキルトを鑑賞できます。多様な色彩の絹糸で手による刺繍が施され、この地域の職人技術の高さがうかがえる作品ばかりです。

この博物館には 元司教の邸宅 (Paço Episcopal) があります。その庭園 (Jardins) は街の誇りです。噴水、池、滝を組み合わせたバロック様式の庭園で、階段を飾るポルトガル歴代国王の像でよく知られています。じっくり見ると、3体の像が他より小さいことに気づくはずです。これらは1580年から1640年にかけてポルトガルを支配したスペイン王なのです。皮肉をこめて、独立を強調しているわけです!

通りを隔てたところにある邸宅の元家庭菜園は、現在はパルケ・ダ・シダーデ (Parque da Cidade) という公園になっています。噴水や人工池のほかに、かつての役割を思い出させる菜園やハーブ園が残る憩いの空間です。 近隣のグラサ修道院 (Convento da Graça )には宗教美術館、ムセウ・デ・アルテ・サクラ (Museu de Arte Sacra) があり、これも必見です。



詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close