www.visitportugal.com

Live Chat

「Cante Alentejano」(アレンテージョの歌)

Cante Alentejano
写真: Turismo do Alentejo
写真: Turismo do Alentejo

ポルトガルには、その文化遺産となっている、世界でも独特な本物の音楽的表現、「Cante Alentejano「(アレンテージョの歌謡)があります。これは、現在UNESCOにより無形文化遺産として承認されています。

楽器を使用せずに、男女混声の合唱隊で歌われる「Cante Alentejano」は人気のある出し物で、バイショ・アレンテージョとして歴史的に知られている地方にある、ベジャ地域のいくつかの地方自治体の呼び物となっています。しかしながら、アレンテージョ地域観光エンティティと共に世界遺産として登録のイニシアチブをとったのはセルパ市でした。

現在は合唱団により維持され、そのうちの何人かはすでに100歳になっていますが、田畑で働いたり祝祭を行っている間、常に打ち解けた状況で歌われています。歌詞で歌われているのは、感情と毎日の瞬間のことです。

ある特定のジャンルや社会的地位に固有のものではありませんが、農業や鉱業に携わっている家系が19世紀後半と20世紀の間に発展した地域で形成された地方の階級としばしば関連しています。最初の合唱団は、サン・ドミンゴスの鉱山の労働者に関連して1926年に結成されましたが、現在は解散しています。これに続いて、1927年に2番目のグループが生まれました。

その地方にお越しの際はショーのスケジュールを確認するため現地の観光局をご利用ください。特に仕事後のくつろいだ時間帯には居酒屋や趣味グループにより自然に始まる可能性もあります。人類の無形文化遺産に分類された結果として作られた、歌う家(文字通り、「歌う家」)[Casas de Cante]の1つで情報を得ることもできます。詳細はこちらをご覧ください www.casadocante.pt および www.facebook.com/CasaDoCanteSerpaPt

アレンテージョの歌についてご興味をお持ちの方は、ユネスコへのアプリケーションを支援するためセルジオ・トレファウト[Sérgio Tréfaut]によって製作された映画をご覧ください。


詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close