www.visitportugal.com

コルク

大変環境に優しく、ナチュラルで柔らか。必要に応じて温度を冷たく、または暖かく保つことができます。快適で居心地の良い環境を作り出すためにも使われてきました。コルクはポルトガルの最も特徴的な自然素材のひとつで、気づかないうちに生活の一部となっているのです。

ワインボトルの栓は最もよく知られていますが、他にもコルクから作られるものがあります。アクセサリー、洋服、靴、家具、また床や壁のコーティングにも使われています。近年のコルク素材の開発は業界を革新し、コルクの高く評価される性質を際立たせるものとなっています。その性質とは耐久性があり、幅広い用途に使用することができ、リサイクル可能で、低刺激であり、保温性があり、遮音性があることです。それに加え、コルクは使用のための形成がとても容易でもあるのです。

Corticeira Amorim

日常的に使用されているものの他にも、コルクはポルトガルの歴史の一部であり、様々なモニュメントや主要なポイントで見つけることができます。

- トマールのConvento de Cristo(キリスト教修道院)は世界遺産であり、Sala do Capítulo(参事会室)はその象徴性、また大航海時代の発見の歴史に関係する場所として、最も訪れる価値のあるところの一つです。石彫の中にはコルク樫の幹がみられ、カラベル船のポルトガル人航海士たちに使われていた頃に思いを馳せることができます。

- 修道士たちはコルクが環境を快適にすることをよく知っていました。そのことを示す例はシントラのConvento dos Capuchos(カプーシュ修道院)Convento de Santa Cruz do Buçaco(ブサコのサンタクルス修道院)、そしてConvento da Serra da Arrábida(アラビダ修道院)にみることができます。小部屋や共用スペースにコルクがひかれています。

- 18世紀の降誕像  彫刻家のマシャード・デ・カストロが制作したテラコッタとコルクの像はポルトガルの装飾芸術の歴史として例に出てくるものです。リスボンにあるエストレラ大聖堂、セニョーラ・ド・モンテ教会でみることができます。

- シントラではChalet da Condessa d'Edla(シャレ・ダ・コンデッサ・デドラ)が19世紀のロマンティックな精神にのっとって建築また装飾されました。ドアフレーム、窓やガラスにはコルクが最も印象的な装飾要素として使われています。

- アルガルヴェではSão Brás de Alportel(サン・ブラース・デ・アルポルテル)がコルク産業の発展に重要な役割を果たしました。ここは現在でもコルク流通の中心地です。

- コルクの歴史は地元の美術館にも展示されています。ポルトアレグレにあるMuseum José Régio(ホセ・レジオ美術館)の民族史、または産業的考古学との関連からEcomuseum of Seixal(セイシャルのエコミュージアム)でもみることができます。

Corticeira Amorim

Portugal ポルトガルは世界でも主要なコルクの生産地で、世界の輸出量の60パーセント以上を誇ります。またコルク樫の生産地は世界の25パーセントにもなります。ポルトガル国内、特にアレンテージョのエリアを旅するときはコルク樫が景色の中で最も多く見られる木であることにご注目ください。

ご存知ですか?
コルクは耐久性の高い自然素材で、驚くべき役割を果たすことができます。その例を見てみましょう。

レディー・ガガのドレス
Pelcorのコルク素材を使用し、デザイナーのテレサ・マーティンはレディー・ガガのために服を制作しました。有名な歌手の音楽、そしてウィーンが生誕150年を祝った芸術家クリムトの傑作にインスパイアされてテレサ・マーティンがデザインしたのは、ゴールドとシルバーを飾ったコルク素材の服です。ビーズやメタリックな糸で手刺繍をほどこし、クリムトの絵画の質感や構図を再現しています。

このドレスはファッション、音楽そしてアートの融合を象徴するものとなり、制作に2年間を費やしてレディー・ガガに提供されました。レディー・ガガはこのドレスを2014年11月にリスボンで行われたアートレイヴで着用し、彼女がその様子をシェアしたソーシャルネットワークにはたくさんの注目が集まりました。

コルク栓で作られた美術品
ワインボトルに使われた後のコルク栓は不要と思われますが、これを作品にすることで新たな使用方法を生み出したアーティストがいます。

スコット・ガンダーセンはアメリカのシカゴ出身のアーティストで、作品にコルク栓を使用します。彼が最初に作り出した肖像は2009年の「Jeanne」。3842個のコルク栓を使いました。2010年には友人の「Grace」の肖像を作りました。 彼はこの巨大な作品を作るために50時間を費やし、9217本のコルク製を使用しました。これはリサイクルの重要性とサステナブルなアートに注意を引くための方法でもあります。

スコット・ガンダーセンはツーリズム・オブ・ポルトガルの招待により、マドリッドで開かれた国際ツーリズムフェアFITURにおいてフィリップ6世とレティシア女王の肖像画をプレゼンテーションしました。この作品は30,000本以上の栓で構成され、高さ2,36メートル、幅3.3mメートル、140キロにもなります。

Scott Gunderson

NASAで使用されるインサレーション
ポルトガルの企業Corticeira AmorimはNASAにインサレーションを提供する主要パートナーです。

コルク製のサーフボード
ハワイ出身のサーファー、ガレット・マクナマラは世界でも最も大きな波を乗りこなしてきました。 彼のサーフボードは完全にポルトガル製のコルクで作られています。このサーフボードはデザイン、研究、空気力学、 素材開発などのあらゆる専門家が集結した共同作業であり、ガレット・ マクナマラ自身もナザレキャニオンの大きな波を耐え、乗りこなすことができる理想的なボード作りに参加したものです。

より良いパフォーマンスを出すスケート
オーストラリアのメーカーであるLavender Archer Cork SkateboardsはCorticeira Amorimのサポートを受けて革新的なコルク製のスケートを開発しました。パフォーマンスに定評のあるラミネートコルクを使用したスケートの製作は、従来のスケートボードにある振動を減らしたいという需要にモチベーションを得ています。


詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 使用条件および個人データの処理に関する規定

close