www.visitportugal.com

Live Chat

ファティマ (Fátima)、世界一の祭壇への旅

Fátima
場所: Fátima
写真: Fátima
写真: Fátima

ファティマ (Fátima)にある聖堂は、世界中の巡礼者が訪れる、聖母マリア信仰における最も重要な場所の1つです。

コヴァ・ダ・イリア (Cova da Iria) にあるファティマ聖堂の場所は、ファティマ教会区のオウレン自治体の中では1917年まで知られていませんでした。その年、何よりも重要な宗教的出来事がその歴史を変えました。3人の小さな羊飼い、ヤシンタ (Jacinta) と彼女の二人の従兄弟、フランシスコ (Francisco) とルチア (Lúcia) がロザリオの聖母マリア (Nossa Senhora do Rosário) の出現を目の当たりにしたのです。当初、人々の崇拝にも関わらず、教会ではこの出来事を疑いの目で見ており、1930年までレイリア主教から承認されませんでした。後年、この村の開発が進むと、1977年、ファティマ (Fátima) には町として、また1997年には市としてのステータスが与えられました。

この聖堂の世界的知名度は、ファティマの聖母マリア (Nossa Senhora de Fátima) の敬虔な信者であるヨハネ・パウロ2世がローマ教皇であった時期に高まりました。教皇は1982年この地を訪れ、その前年の暗殺事件が未遂に終わったことに感謝したのです。2000年、3度目の訪問で、教皇はヤシンタ (Jacinta) とフランシスコ (Francisco) の列福を宣言します。 ヴァチカンは彼らによる奇跡的な治癒を祝福しました。 

最初の出現は5月13日に起こり、10月まで毎月同じ日に起こりました。この日はファティマ (Fátima) の主要な記念日となっています。最も重要なイベントの1つとして、5月12日のろうそくの行進があります。この日、広い聖堂広場を埋め尽くす忠実な信者らが手にした数千本のろうそくが、聖餐とこの場所への信仰心に溢れた魔法のような雰囲気を作り出します。この日は13日の別れの行進と同じくらい重要な行事です。

この聖堂の壮大さ、霊性、そして象徴性を目の当たりにすれば、信仰心を持たない人でも、無関心ではいられないでしょう。

祈りの場所に入ると、奥に高さ65メートルの、ファティマのロザリオの聖母マリアのバシリカ (Basílica de Nossa Senhora do Rosário de Fátima) が見えてきます。中央には、イエスキリストの聖心のモニュメントがあります。また一方には、出現の礼拝堂 (Capelinha das Aparições) があります。この場所こそ、聖母マリアが3人の小さな羊飼いたちに礼拝堂を建てよと命じた場所なのです。

反対側の奥には、2007年に創立されたモスト・ホーリー・トリニティー教会 - レッサーバシリカ (Igreja da Santíssima Trindade - Basílica Menor) があります。中間の支柱のない現代的な建築物で、約8700人を収容できます。設計は、ギリシャ人建築家のアレキサンドロス・トンバジスによるもので、他にもポルトガル人のアルヴァロ・シザ・ヴィエイラ (Álvaro Siza Vieira) やペドロ・カラペス (Pedro Calapez) ら、芸術家も貢献しています。外には、ドイツ人のロバート・シャドの手になるブロンズのトール・クロスがあります。

聖堂の他、この地域では宗教美術館、ファティマ民族学博物館、蝋人形館、ファティマ1917年奇跡博物館、キリスト生誕図とベツレヘムの村の活動像を見学できます。

アルジュストレル (Aljustrel) は小さな羊飼いたちが生活していた村で、南に2キロほどの場所にあります。この物語を再現したい場合は、ロカ・ド・アンジョ (Loca do Anjo) とヴァリーニョス (Valinhos) や、出現に関係する他の場所にお出かけください。

この地域について知るためには、レイリアを通過するルートをお勧めします。サン・ペドロ・デ・モエル (São Pedro de Moel) とナザレ (Nazaré) のビーチの間の海岸沿いのルートです。また、世界遺産にも登録されている2つのモニュメント、バターリャ (Batalha) 修道院とアルコバッサ (Alcobaça) 修道院も通ります。


詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close