www.visitportugal.com

アロウカ・ジオパーク (Arouca Geoparque)

Geoparque de Arouca
場所: Arouca
写真: Associação Geoparque Arouca
Photo: Associação Geoparque Arouca

絶対のお勧め
  • ジオツーリスト客のための10の歩道を散策:PR1、PR4、PR5、PR6、PR7、PR8、PR9、PR13、PR14、PR15
  • 稀少な動植物種が生息し、その一部は絶滅危惧種であるフレイタ山を散策。
  • DOP登録のアロウケーザ・ビーフを味わう
  • アロウカ修道院オリジナルの現地スイーツを試食
  • ウルロ教会の興味深いロマネスク鐘楼を見学

ジオパークとは、ヨーロピアン・ネットワークやユネスコのグローバル・ジオパーク・ネットワークなどにより認定された、非常に重要な地球の自然遺産を展示する公園です。その目的は、自然環境の保護、持続可能な開発のための教育、および観光です。

2009年にユネスコにより認定されたアロウカ・ジオパークの見どころは、カスタニェイラの球状花崗岩 (Pedras Parideiras)、カネラス (Canelas) の巨大三葉虫、およびヴァレ・ド・パイヴァ (Vale do Paiva) の生痕化石です。ただし、保管されている遺産には41のジオサイトがあります。すなわち、科学、教育、観光の視点からみたその特異性と価値のゆえに注目される地球科学的な関心が寄せられる地なのです。328km2の面積を持つこの本当の意味で屋外の地質博物館は、フレイタ (Freita)、モンテムーロ (Montemuro)、およびアラーダ (Arada) 山脈が取り囲み、キャニオニング、カヌー、カヤック、登山 (フレイタ山の3つの領域に25ルート) などのさまざまなアクティビティの素晴しい条件を備えた何本もの川が流れています。さらに、パイヴァ川 (Rio Paiva) の急流では、ラフティングやカヤック・ラフティングを楽しめるポルトガルで最高の場所がいくつかあります。

これらの風景を十分に楽しむために、ジオパークは14の歩道ネットワークを設定しました。このうち13は短い距離の遊歩道 (PR) で、残り1つは長距離の遊歩道 (GR) です。これらはすべて適切に地面に印が付けられています。14のジオサイトは、これらの歩道のうち10の歩道に沿って配置されています。

PR 9 (片岩ルート) にあるカネラス・ジオロジー解説センター (Centro de Interpretação Geológica de Canelas) では、巨大三葉虫の化石のコレクションがあります。約4億6,500万年前のこれらの海生動物は、世界の三葉虫でも最大の種なので、国際的に保護されています。

フレイタ山のカスタニェイラの村に近いPR15 (紀元前への歴史の旅) では、別のジオサイトがあります。この国唯一のもので、世界的にも非常に珍しいジオサイトです。これは、浸食作用により、基盤から自然に飛び出した小さな瘤だらけの花崗岩が露出したものです。したがって、球状花崗岩 (Pedra Parideiras) (石を出す岩) として知られています。非常に多様性に富んだ動植物とは別に、この山にはフレシャ・ダ・ミゼレラ (Frecha da Mizarela) ジオサイトがあります。カイマ川が約75mの高さから落ちている場所です。あまり遠くないところに、ペドラ・ボロアス・ド・ジュンケイロ (Pedras Boroas do Junqueiro) ジオサイトがあります。トウモロコシのロールパン (boroas) のように見える2つの花崗岩の塊です。

この領域の半分は、ナチュラ 2000 ネットワークに登録されており、ジオパーク全体は自然ツーリズムに選ばれる場所となっています。その川のビーチや伝統的な村は訪れる価値があります。これは、PR 15 (フレイタ山) のカスタニェイラ (Castanheira) およびカバソス (Cabaços)、パラディーニャ (Paradinha) などのパイヴァ川沿いにビーチがあるPR 5 のジャナルデ (Janarde) メイトリス (Meitriz) の村々についても同じことが言えます。しかし、訪れる価値が十分ある、他の歴史および芸術的な場所を発見するオプションもあります。アロウカ (Arouca) では、そこにある修道院および宗教芸術美術館、あるいはミゼリコルディア教会 (Capela da Misericórdia) を訪問してください。アロウカから8kmのところには、周囲の渓谷や丘陵を一望する広大な眺望にその名を持ち、小さなセニョーラ・ダ・モの教会が建っているセニョーラ・ダ・モ (Senhora da Mó) のパノラマビューが広がるジオサイトがあります。

この領域は、古いタングステン鉱山も豊富で、次のような多くのジオサイトが形成されています。PR 8 (ブラック・ゴールド・ルート) またはパノラマ・スポットからは、ペナ・アマレラ (Pena Amarela) 区域の秘密の鉱山立坑坑口を見ることができます。PR 6 では、古いリオ・デ・フラデス (Rio de Frades) 鉱山があります。ここは、今でもヴァレ・ダ・セルデイラ (Vale da Cerdeira) ギャラリーまで400m歩くことができます。また、レゴウフェ (Regoufe) 村に近いのは、ポサ・ダ・カデラ (Poça da Cadela) 鉱山帯です。



詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close