www.visitportugal.com

Live Chat

芸術と文化

Casa da Música
場所: Porto
写真: Porto
Casa da Música

Casa da Música
場所: Porto
写真: Porto
Casa da Música
Fado
場所: Coimbra
写真: Coimbra
Fado
Sé Catedral
場所: Lisboa
写真: Lisboa
Sé Catedral
以前の 次へ

検索
詳細検索


Museu dos Coches
場所: Lisboa
写真: Rui Cunha
ポルトガルの文化的ハイライトトップ10

ポルトガルの文化とこの国の地政及び歴史の間には密接な繋がりがあります。ポルトガルは欧州最古の国家であり、その大西洋沿岸という地政が地理上の発見の踏切台になっていました。ポルトガルの文化的遺産はアフリカ、アメリカ、および、アジアの影響を受け、建国以前から定住していた人々により、また当然のことながら、ポルトガル人本来の親しみやすく歓迎的資質によって特徴づけられてきました。


Vale do Douro
場所: Douro
写真: António Sá
ドウロ (Douro) 渓谷

ドウロ (Douro) 渓谷はその景観が見せる美しさと素晴しさゆえに、あっさり「魅惑の渓谷」と呼ばれても当然かもしれません。川が海に流れ込み、ドウロワイン(テーブルワインとポートワイン)が丘陵の中腹で生産、消費されるポルト (Porto) から出発すると、さまざまな方法で世界遺産に登録されたこの文化的景観を知ることができます。車で、電車で、クルーズ船での観光はもちろん、ヘリコプターを使った観光もできます。


Palácio da Vila
場所: Sintra
写真: José Manuel
マヌエル様式を理解する

国王の意志により、そして16世紀にポルトガルに存在した創造の天才達により始まったマヌエル美術は、正に、芸術の表現がポルトガル的に表現されたものです。大航海時代はポルトガルに素晴しい富と知識をもたらしました。当時、ポルトガルの探検者たちは辺境の地の文明を世界に知らしめ、多くの外国人芸術家達がポルトガルで働くためにやってきました。この文化の出会いにより、マヌエル様式が誕生しました。


Tile panel
場所: Penedo, Colares
タイルの国で

ポルトガルのどこにいても、見逃せないものがあります!タイルはあらゆる時代の様式や言語を旅してどんな歩道も埋め尽くし、あるいは色で飾り立てます。Al-zuleiqueはポルトガル語のazulejo (タイル) の語源となったアラブ語で、中世時代のムスリム人により「小さく、滑らかな石」という意味で使われていました。床や壁を装飾するためにタイルを使う彼等の手法は、ポルトガルの国王に気に入られ、その結果、15世紀以降の建築において最高のステータスを勝ち取りました。


Pages

計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
ソーシャルネットワークからログイン
ソーシャルネットワークからログイン

このサイトは、閲覧者の利用体験を向上させる目的でクッキーを使用しています。
利用者の特定につながる情報は保存しません。この機能は、ブラウザの設定により無効にすることができます。詳しくは、 利用条件

close