www.visitportugal.com

Live Chat

トマール (Tomar)、テンプル騎士団の街

 
場所:Tomar
写真:John Copland
Photo:John Copland

絶対のお勧め
  • キリスト修道院 (Convento de Cristo) を見学
  • マタ・ドス・セテ・モンテス (Mata dos Sete Montes) を散策
  • 古いシナゴークを見学
  • ファティアス・デ・トマール (Fatias de Tomar) を味わう
  • タブレイロスの祭り (Festa dos Tabuleiros) が開催される時期にこの街を観光する
  • アルモウロル (Almourol) 城に行く

かつてテンプル騎士団の本拠地であったトマール (Tomar) は、美術と文化の豊かさから生まれる素晴しい魅力を持つ街です。その魅力が最も強く表れているのが、ポルトガルのルネッサンスの主要作品の1つであるキリスト修道院 (Convento de Cristo) です。

この街を観光する理由が何であれ、テンプル城に登ることと、このキリスト修道院という不朽の名作を発見することは外せません。この修道院で最も古い部分はシャロラ (Charola) (円堂) です。このテンプル騎士団の礼拝堂は、城と同じく12世紀の建築で、当時は国王の最新式の軍事設備であり、聖地パレスチナの要塞に想を得て建設されました。この礼拝堂は16世紀にマヌエル (D. Manuel) 1世の命による改装工事の間にチャンセルに変わりました。この改装により建築的壮麗さが増し、それは現在まで変わりません。そのため、世界遺産に登録されました。

ルネッサンス様式の入り口の肖像、チャプターホールのマヌエル様式の窓 (Janela Manuelina) のユニークな象徴性、メインの回廊の建築的ディテール、テンプル騎士団の儀式に使用された場所など、その緻密なディテールを見るためにこの修道院に時間を割く価値は十分にあります。その歴史をよりよく理解するためには、テンプル騎士団がキリスト騎士団になり、ポルトガルにおいてその権力、知識、富みを保持した過程を知ることが重要です。大航海時代の庇護者であった有名なエンリケ (D. Henrique) 航海王子は、最も重要な支配者および後援者の1人でした。


詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
記録と共有
Peter van
Praca de Republica at night
Aloys Thoe
wild formations made by nature
イベント イベント
さらに見る
タブレイロスの祭(Festa dos Tabuleiros)
タブレイロスの祭(Festa dos Tabuleiros)
タブレイロスの祭は4年ごとに行われます。 (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン