www.visitportugal.com

Live Chat

バードウォッチング

 
場所:Floresta Laurisilva
写真:Ventura
Photo:Ventura

ポルトガルはヨーロッパで最高のバードウォッチングができる場所の1つです。この国で見つかる合計約330種の中でも、イベリア半島カタシロワシ あるいはオナガを見ることができる場所は、他のヨーロッパの国にはありません。

この小さな領域に集中する自然の生息地の多様性により、標高の高い山から海を一望する草原まで、あるいは河口からコルクとオーク材の植林地まで、短時間でバードウォッチングを楽しめます。リスボンからわずか20分のタグス川河口 (estuário do Rio Tejo) だけでも、1日で100種類の鳥を観察できます。

経験豊富な「バードウォッチャー」はノガン、サンカノゴイ 、あるいはチョウゲンボウなどの鳥や、リュッペルズ・グリフォンやクロサギなどのより珍しい種を簡単に区別できますが、アマチュアは最高の自然を堪能する素晴しい方法を楽しむことができます。

最高のバードウォッチング・ゾーンの一部は、国の領土の21%を占める保護区内にあります。北部では、エジプトハゲワシ (abutres do Egito) が営巣しているドウロ川の美しい下流を楽しむクルーズ船に乗ることができます。タグス国際公園 (Tejo Internacional) では、ウォーキングまたはバイクのツーリングで、化石に覆われた岩の上に営巣するナベコウとシロエリハゲワシを見る素晴しい機会に恵まれます。アルガルヴェでは、泳いだり日光浴したりして休憩しましょう。リア・フォルモサやサパル・デ・カストロ・マリン湿地帯での観察のためです。これらは他の多くの種の中でもフラミンゴや鷺が営巣している重要な湿地帯です。

大西洋の島々に飛んでみませんか?そこには旅をする価値が十分にあります。なぜなら、マデイラ島のマデイラミズナギドリやマデイラバト、あるいはアソーレス島のウソなど、世界の他のどこにもいない鳥達に遭遇できるからです。最高のバードウォッチング・ゾーンはポンタ・ド・パルゴ、ポンタ・デ・サン・ロウレンソ、そしてマデイラ諸島のデゼルタスの島々、あるいはサン・ミゲル島のピコ・ダ・ヴァラ (アソーレス諸島) です。

どの場所を選んでも、どこまでも青い空を飛び交う鳥達の姿を追っていくうちに、見事に美しい風景に感動することは間違いありません。あなた自身の「止まり木」としては、「国内ツーリズム」ユニット、または上質のホテルを選んでポルトガルの有名なホスピタリティの魅力に身を任せてはいかがでしょう。


詳しく見る 詳しく見る
さらに見る
地図
記録と共有
Peter van
Praca de Republica at night
Aloys Thoe
wild formations made by nature
イベント イベント
さらに見る
建築家は詩人である– コッティネリ テルモ Cottinelli Telmo (1897-1948)
建築家は詩人である– コッティネリ テルモ Cottinelli Telmo (1897-1948)
リスボンの発見のモニュメント(Padrão dos (...)
詳細検索
計画作成 選択したコンテンツを表示して、あなただけの計画またはパンフレットを作成します。
パスワードを忘れましたか?
ソーシャルネットワークからログイン
*お待ちください。 *パスワード再取得のための手順がお客様のメールアドレスに送信されます。 *Eメールは送信されませんでした。もう一度実行してください。
ソーシャルネットワークからログイン